身近にある乳がん!その症状や検診方法は?

>

検診方法や頻度について

検診方法を知れば安心

会社勤めをしていると、1年に一度の健康診断をされる方が多いと言えます。女性は特に乳がんの検診を勧められる事が多いのですが、どのような方法があるのでしょうか?
すぐに検診をするのではなくまずは年齢から生理周期や妊娠・授乳の経歴から始まり、家族にがんになった方がいるかなどを確認されますので、出来る限り正確に答えていきましょう。
続いて視触診を行います。これは別の項目で申したセルフチェックと同じで、しこりやリンパ節の腫れ、むくみや分泌液の有無を確認します。
しこりがあっても良性の可能性もありますので、気になる方は気軽に検診を受けて下さい。何もなければ安心を買った事になりますし、仮に乳がんでも早期治療が可能です。

どんな種類の検診方法があるの?

視触診が終わり、乳がんの疑いがあれば本格的な検診に入ります。マンモグラフィ検査というのは、乳がん検診でもポピュラーなものであり、専用の板の様な器具で乳房を挟んでx線撮影を行う方法です。年齢によっては撮影する回数が異なりますが、この方法は触診では発見出来ない乳がんを見逃さずに確認が出来るので、大変有効な健診だと言われています。
また前回もこの検診を受けている場合は、レントゲン写真として比較できるのもメリットです。しかし乳房を挟んで平たくするので痛みが生じますし、妊娠中や授乳中の方は受診出来ません。
そしてもう一つはエコーでの検診です。マンモグラフィに比べて痛みがすくなく、リアルタイムで確認出来る特徴があります。但しこの方法は医師の技術力が必要であり、とても小さな乳がんや石灰化が見つけにくいといわれています。


TOPへ戻る