身近にある乳がん!その症状や検診方法は?

>

自分が乳がんと診断されたら?

診断された時に必要な事

アナタが乳がんだと診断されたらどうしますか?人間は誰しも「自分は大丈夫」だと思っていますが、残念ながらそうではない事もあります。
気持ちが高ぶってしまったり、混乱して正常は判断が出来なかったりしますので、まず診断された時に行うのは冷静になる、または気持ち落ち着かせる事です。
その上で医師と治療方法を話し合うのですが、ほとんどのケースが初期治療を勧められます。初期治療は抗がん剤治療・ホルモン療法・抗HER2療法といった服薬をメインに行う治療と放射線療法や手術といった局所治療です。
乳がんの進行具合などを理解した上で、しっかりと話し合い取り決めていきましょう。ちなみに乳がんが約1cmのしこりになるまで、7~8年もの時間を要するので大至急手術や治療が必要なケースはほとんどありません。

ステージによって異なる

初期治療を終え、乳がんの進行具合を確認するのですが、この時点で転移がない、またはしこりの大きさを確認します。
しこりの大きさが2cm以下で転移がなければステージ1、しこりが2~5cmで転移がなければステージ2Aといったステージがあります。
かなり進行しているとステージ5となり、改善のための治療というよりは緩和するための治療に切り替わります。状況により切除手術も必要になりますが。全切除・部分切除とあります。
女性にとって乳房はシンボルですので切除にはとても悩むと思います。しかしこの切除によって乳がんを完全に完治出来る可能性もありますので、自分の納得いくまでしっかりと話し合った上で、治療方法を決めて頂ければと思います。


TOPへ戻る